Monthly Archives: 9月 2015

眼精疲労の発散方法

こうした現状を見ると、「疲れ目」というような表現では足りない気がします。残念ですが、現在、「子供たちの目の健康」は大きなテーマになっています。
大人だけでなく児童たちの眼精疲労にもしっかりと目を向けることが大切です。

眼精疲労の状態には、例を挙げると目がすぐ乾いたり、日が暮れると視界がかすみ、近くや遠方に焦点を合わせにくくなったりします。その他、目の充血や目の奥の痛み、まぶたが重くなるといったことがあります。
目のほかにも大変な症状に発展してしまうこともあります。
ルテインは緑黄色野菜に大量に含まれ、青汁の原料であるケール、ほうれん草などに大量に含まれています。最近の研究では、ルテインについて関心深い成果があります。

ルテインを摂っている人は、黄斑変性症が発症する人がルテインを取り入れている人に比べ、1/2しかならなかったそうです。目の疲れを放っておくと、徐々に進行します。最初に、ちょっと目が疲れる段階があります。
これが疲れ目の初期症状で、目の休息、たくさん寝ることで回復します。

しかし、放っておくと、目の負荷が発散されません。眼鏡を使っている場合でも、度が合っていないために眼精疲労になることがあります。

その要因には、眼鏡屋で眼鏡をつくると過矯正だったり、必要ない乱視矯正をやることにあります。
過矯正は遠いところを見るときは何とか見えても、近距離は見えにくくなります。